地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

第268回プラスチック技術講演会(7/9)

開催概要

◇開催日: 令和3年7月9日(金)

◇時 間: 14:00 ~ 16:20

◇場 所:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター内 3階大講堂

◇参加費: 会員1冊無料(2冊目からは2,000円),一般3,000円

◇主 催: プラスチック技術協会

◇後 援:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター

○研究成果および関連技術  14時00分 ~ 15時15分

「樹脂ブレンド中でのカーボンナノチューブの局在化現象と複合樹脂の特性」

 大阪産業技術研究所 森之宮センター 物質・材料研究部  籠 恵太郎

 カーボンナノチューブ(CNT)は導電性や電磁波吸収性などの機能を樹脂に付与するフィラーとして用いることができる。CNTは2種類の樹脂ブレンドと複合化させると、片方の樹脂や樹脂界面に局在化し、その結果濃縮されることによって、ごく少量で樹脂に機能を付与したり向上させたりすることができる。本講演ではその観点からなされた、講演者並びに国内外の研究事例を紹介する。

○新製品・新技術紹介  15時20分 ~ 16時20分

「ブッス・ニーダーによる優しいコンパウンドについて」

 株式会社ブッス・ジャパン  平井 和彦

 コンパウンディングにおいては二軸押出機が使われることが多いが、均一で適度なせん断をかけることが難しく、局所的な発熱や過度な繊維折れが起きやすいという問題がある。ブッス・ニーダーは、単軸スクリューを用いて回転運動だけではなく前後運動も行うという非常 にユニークな仕組みを持っており、常に適度なせん断を掛けることが可能であるため、温度やせん断に敏感な材料のコンパウンドに幅広く使われてきた。本技術について紹介する。

詳細はこちらから

 

ORISTチャンネルはこちら

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

本部・和泉センター・写真

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)


森之宮センター

森之宮センター・写真

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)