地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

金属表面処理研究部

トップ画像

私たちについて

金属表面処理研究部は、素材・製品の金属分析、ドライコーティングや溶射の表面改質、めっきなどの表面処理、製品・材料の腐食防食、電池等の電気化学関連技術などに関する研究業務(高度受託研究、共同研究)、技術支援業務(技術相談、依頼試験、装置使用)を行っています。

また、保有する各種の分析装置、評価試験機、技術蓄積を活用して技術者の養成(オーダーメイド研修)、ものづくり現場での現地相談、業界団体等への講師派遣にも積極的に対応しています。

各分野の詳細については下記資料をご覧ください。(PDF形式)

 

 

NEWS & TOPICS

  • 当面の間、以下の装置の依頼試験・装置使用を停止します。
     A285 ICP質量分析(定量) (再開時期:未定)
     A3147 UBMスパッタ装置 (再開時期:未定)
     A9224 スクラッチ試験機 (再開時期:未定)
     A3003 スクラッチ試験機2 (再開時期:未定)

  • 2021.07.13

    A7303 ナノインデンター[ENT-1100a]の装置使用を再開しました

  • 2021.04.01

    構成メンバーを更新しました

  • 2020.11.18

    斉藤 誠 主任研究員が電気化学会 電池技術委員会賞を受賞しました

  • 2020.10.20

    左藤 眞市 表面化学研究室長がConMat'20 Best Paper Awardを受賞しました

  • 2020.04.15

    左藤 眞市 表面化学研究室長がスガウェザリング技術振興財団「技術功労賞」を受賞しました

  • 2020.04.01

    森 隆志 研究員がメンバーに加わりました

  • 2020.02.13

    波長分散型蛍光X線分析装置」の装置使用をはじめました

  • 2019.10.01

    消費税率引き上げに伴い、依頼試験・装置使用料金を改定しました

  • 2019.04.01

    岩田 孝二 研究員がメンバーに加わりました

  • 2018.12.10

    森河 務(前 金属表面処理科 科長)らの投稿論文が平成31年度表面技術協会 論文賞を受賞しました

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)