地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

加工成形研究部

技術分野(キーワード)

加工成形研究部の担当技術分野は以下の通りです。

機械加工/電気加工/レーザ加工/超精密加工/鍛造・プレス成形加工/プラスチック成形加工(射出・押出)/金属積層造形/
精密測定/CAD/CAE/X線CT

研究テーマ

平成27年度

  • プロジェクト研究

最先端粉体設計プロジェクト

  • 特別研究
  • 放電加工によるPCDダイシングブレードの微細
  • 精密加工技術の開発
  • 三次元異方性カスタマイズ化設計
  • 付加製造拠点の構築と地域実証
  • 光透過性樹脂を用いた局所的なセラミックスコーティング技術の開発
  • NCダイクッションとスライドモーション制御を適用したフィルムレスストレッチドロー成形
  • 超音波を用いた金型内部の温度計測技術の開発
  • 金型用鋼の超精密切削加工におけるダイヤモンド工具の摩耗抑制
  • 厚み比率の異なる多層フィルムをマトリックス樹脂とする熱可塑性CFRPのプレス成形技術の開発
  • 発展研究
  • レーザプロセスによる硬質炭化物粒子を利用した金属材料表面の耐摩耗性向上
  • 基盤研究
  • レーザによる異種材料のマイクロ溶接技術の開発
  • 熱可塑性CFRPのプレス成形技術の開発
  • 被削性と耐摩耗性を両立させたb型チタン合金加工熱処理プロセスの確立

依頼試験

お引き受けできる試験は以下の通りです。該当する試験をクリックして下さい。

装置使用

お貸しできる機器は以下の通りです。該当する機器をクリックして下さい。

技術資料

装置や加工事例を御紹介します。

テクニカルシート

業務成果のうち企業の皆様に役立つ内容のものを選び、A4サイズ1枚にまとめたものです。必要なシートをご活用下さい。
(なお、テクニカルシートに記載の組織名称等の情報は発行当時のものです。)

番号タイトル(PDFファイル)
97002 放電加工によるチタン合金の着色仕上げ
98018 金型製作における放電加工面のトラブル事例とその対策
98037 プラスチックの環境応力割れ
98058 炭酸ガスレーザによるチタンの溶接
99002 粉末液相成形法
99009 局部的な円弧の加工精度と測定値の関係
99018 チタン合金(Ti-6Al-4V)の高速切削
99033 粗粒砥石を用いた正面研削によるセラミックスの鏡面加工
99034 展開ブランクのプレス加工による深い容器の成形
99045 プラスチックのフィルム・シート成形加工技術
1 金型用亜鉛合金の高速放電加工
2 プレス成形シミュレーションFAST_FORM3DTM
6 金属粉末ラピッドプロトタイピング装置
17 3次元鍛造シミュレーションGRADE/Forge
21 超高速マシニングセンター
1002 冷温間成形油圧プレス
1011 元素分析機能付走査電子顕微鏡
1012 白色干渉型三次元表面形状解析装置
1013 レーザクラッディングによる金属の表面改質
1021 プラスチック製品分野におけるCAD/CAM/CAE
3001 非接触方式による形状計測
3002 ラスター切削加工の仕上げ面粗さ限界
3024 射出成形機
3025 プレス加工装置
4004 動的非線形構造解析ソフト(LS-DYNA)の適用事例
4005 高級鋼ほど適切な熱処理を(熱処理で性質が変わる)
5001 レーザ干渉測長器の環境依存性について
5002 ワイヤフレーム電極による金型キャビティ/コア同時加工
6001 炭素鋼粉末の金属ラピッドプロトタイピング
7003 nmオーダの計測を補償する環境一定制御チャンバーの開発
7009 金属RPによる微細・複雑形状の造形事例
8007 プラスチック・ラピッドプロトタイピング装置
8016 軸付電着ダイヤモンド砥石の放電ツルーイング
9004 レーザ測長誤差低減のための環境補正装置の開発
9016 水晶圧電式動力計による切削抵抗の測定
9018 プラスチック/フィラーのコンパウンド技術
10011 走査電子顕微鏡(分析機能付き)
10019 小型マシニングセンタ(ロボドリル)
11009 X線CTスキャナ
12005 マイクロ放電加工
12006 サーボダイクッションを活用したACサーボプレスによるプレス成形
12007 ファイバーレーザ微細加工装置
14003 X線CTスキャナーと3Dプリンターを用いたデジタルものづくり
14015 高分解能X線斜めCT装置
15008 「デジタルものづくり」におけるプラスチック粉末RP装置の活用に向けて
15009 レーザメタルデポジションシステム
15015 3次元スキャン装置
16010 アルミニウム合金粉末を用いた3Dプリンティング

メンバー

加工成形研究部のメンバーをご紹介します。

氏名役職技術分野
足立 和俊 主幹研究員 精密測定技術、形状精度測定、表面粗さ測定、非接触形状計測、三次元形状測定、長さ測定、硬ぜい材料の研削加工技術、切削加工技術、加工力測定技術、X線CT
萩野 秀樹 主幹研究員(工博) レーザ切断,溶接,表面処理、レーザ応用技術、接合技術一般、機械加工一般、金属組織観察法、SEM・EDXによる観察および分析、蛍光X線による分析、露光・エッチング技術、C言語プログラミング
吉川 忠作 主任研究員 圧縮成形・押出成形・射出成形、金型設計、シミュレーション技術、クリープ、インフレーション成形、品質管理・製品設計、高分子固体のレオロジー・熱物性、高分子溶液・溶融体のレオロジー、流体力学一般、樹脂ラピッドプロトタイピング
奥村 俊彦 主任研究員 樹脂材料の機械的特性、インフレーション成形、圧縮成形・押出成形・射出成形、プラスチック材料の混練技術、シミュレーション技術、ポリマーブレンド・アロイ、強化プラスチックの成形、樹脂ラピッドプロトタイピング
本田 索郎 主任研究員 形状測定、切削動力、超精密機械加工、表面粗さ測定、超精密切削加工、非球面計測、真円度測定、SEMによる観察および分析
中本 貴之 主任研究員(工博) 金属粉末ラピッドプロトタイピング(RP)、表面粗さ測定、三次元形状測定、SEM・EDXによる観察および分析、金属材料の質量・密度・比重の計測、金属粉末の作製、金属材料の機械的性質、金属材料の組織
安木 誠一 主任研究員 機械加工、CAD・CAM設計、切削油、切削動力測定、三次元形状測定、表面粗さ測定、熱力学一般
渡邊 幸司 主任研究員 精密測定技術、三次元形状測定、表面粗さ測定、非接触形状測定、レーザ加工技術、CAD設計技術、溶接
四宮 徳章 主任研究員(工博) X線CT、サーボプレス、塑性加工、板材プレス加工、鍛造加工、板材プレス・鍛造シミュレーション、プレス加工用潤滑剤の性能評価、熱工学一般、高速撮影カメラ
木村 貴広 主任研究員(工博) 金属粉末積層造形(金属RP)、金属材料の組織、金属材料の機械的性質、金属粉末の作製
山口 拓人 主任研究員(工博) レーザ切断・溶接・表面処理、レーザ応用技術、接合技術一般、SEM/EDXによる観察および分析、蛍光X線による分析、金属材料の変態組織・加工組織、金属組織観察法
柳田 大祐 主任研究員 放電加工、X線CT、SEM/EDXによる観察および分析、機械製図
川村 誠 研究員 機械加工、CAD・CAM設計、切削油、切削動力測定、三次元形状測
三木 隆生 研究員 (平成29年度新規採用)
永田 芳樹 技術専門スタッフ 機械加工
五福 伊八郎 技術専門スタッフ 積層造形
猪俣 賢史 技術専門スタッフ CAD関連技術

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)