地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

理事長あいさつ

      
大阪産業技術研究所 理事長 中許昌美

地方独立行政法人大阪産業技術研究所

理事長理事長 中許 昌美

 

 地方独立行政法人大阪産業技術研究所 Osaka Research Institute of Industrial Science and Technology (略称:大阪技術研 ORIST)は、旧地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所(産技研)と旧地方独立行政法人大阪市立工業研究所(市工研)を平成29年4月に統合し、大阪の多種多様な製造業を支援するために大阪府と大阪市が共同設置した公設試験研究機関です。

 近年、産業界では技術的な優位性確保を単に自社だけで完結するのではなく、オープンイノベーションによる達成が重要視されています。企業の成長と発展のためには、公設試験研究機関が研究開発から実用化、製品化までの総合的かつ迅速な技術支援に取り組み、かつ、産官学連携によるイノベーション創出拠点として機能することが求められています。

 これを受けて、二つの研究所の統合による新法人「大阪技術研」では、従来からの様々な技術支援に取り組むとともに、研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で行ってまいります。それぞれ二つの研究所の研究開発力、技術支援力を結集するとともに強みを融合し、様々な産業の創出につなげていくための機能強化に努めます。

 加工、金属、電気・電子等を得意分野とする「和泉センター(旧産技研)」と、化学、高分子、バイオ・食品、ナノ材料等を得意分野とする「森之宮センター(旧市工研)」において、引き続きこれまでの技術支援を行うとともに、更なるサービスの向上を目指して取り組んでいます。また、それぞれのセンターで対応できる技術領域における開発支援だけでなく、両センター相互で分野横断的な新技術開発にも取り組み、科学による「知」に基づく「技術」を駆使し、研究・技術開発を企業の皆様と共に進め、課題解決のための技術支援を強化してまいります。さらに、新たな産業の創出に向けて産官学連携によるオープンイノベーションを積極的に推進し、「知と技術の集積拠点」としての機能を強化した研究所「スーパー公設試」を目指します。

 これからも多様化する企業ニーズを迅速に捉え、様々な関係機関と連携しながら、世界に飛躍する大阪の企業の成長・発展に貢献してまいりたいと思いますので、企業の皆様には当研究所の和泉センター、森之宮センターをこれまで以上にご活用いただきますようお願いいたします。

      

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)

森之宮センター

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)