地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

令和2年度第3回レディメード研修(※定員に達したため募集終了)

 

吸着剤の製造と応用

 

-活性炭の製造と細孔特性評価ならびに水質浄化への適用-

 

 活性炭とは高い吸着能力を示す多孔質炭素材料で、さまざまな原料から作製が可能です。本研修では、ヤシ殻を原料の例として、炭化、賦活を経て吸着性を有する活性炭を製造する方法と、そのような吸着剤が持つ細孔特性評価法について、講義と実機を用いたデモなどによって学ぶことができます。さらに、そのような吸着剤を廃水の水質浄化に応用する方法について講義を行います。


開催日時 令和2年11月25日(水) 10:00~16:40
主  催 地方独立行政法人大阪産業技術研究所
開催場所 (地独) 大阪産業技術研究所 森之宮センター
  管理棟3階セミナー室、環境技術開放試験室、他
定  員 4名(先着順)
受講料金 一人9,600円(税込)

※関西広域連合に加盟する府県(滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県及び大阪府) に所在又は事業所等がない場合は、受講料が3 割増となります。
(事業所等があることがわかる書類をお持ちください。)

--------------------------------------------------------------------------------------------------- 

  • プログラム

1. 活性炭の製造(1)

(10:00~12:00)

(地独)大阪産業技術研究所森之宮センター 環境技術研究部

炭素材料研究室長    岩﨑 訓

2. 吸着剤の細孔特性評価

(13:00~14:20)

(地独)大阪産業技術研究所森之宮センター 環境技術研究部

炭素材料研究室 主任研究員    長谷川 貴洋

3. 廃水の水質浄化への吸着剤の応用

(14:30~15:50)

(地独)大阪産業技術研究所森之宮センター 環境技術研究部

総括研究員 兼 生産環境工学研究室長    福原 知子

4. 活性炭の製造(2)

(16:00~16:40)

(地独)大阪産業技術研究所森之宮センター 環境技術研究部

炭素材料研究室長    岩﨑 訓

---------------------------------------------------------------------------------------------------

参加についてのご注意
実習では、安全上支障のない作業衣と靴をご準備ください。簡単な防護メガネと作業用手袋は当所で用意します。


研究所に来所される方へのお願い

・研究所に来所の際はマスクを持参の上、研究所内では常時着用してください。
・風邪や発熱の症状がある方は入館できません。

<参考URL>

大阪府「新型コロナウイルス感染症関連の特設サイト」 http://www.pref.osaka.lg.jp/default.html
大阪府「感染拡大防止に向けた取組み」http://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku/corona-kinkyuzitai/index.html



お問合せ 地方独立行政法人大阪産業技術研究所企画部(辻谷)
  〒536-8553 大阪市城東区森之宮1丁目6番50号
  TEL:06-6963-8331、FAX:06-6963-8015、E-mail:mail@omtri.or.jp

大変申し訳ございませんが、定員に達しましたので受付を終了しました。

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)

森之宮センター

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)