地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

第269回プラスチック技術講演会(11/26)

開催概要

◇開催日: 令和3年11月26日(金)

◇時 間: 14時00分 ~16時30分

◇場 所:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター内 3階大講堂

◇参加費: 会員1冊無料、2冊目からは2,000円、一般3,000円

◇主 催: プラスチック技術協会

◇後 援:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター

○研究成果および関連技術  14時00分 ~ 15時15分

「環境対応プラスチックの現状と精密合成法による新しいポリ乳酸」

 大阪産業技術研究所 森之宮センター 物質・材料研究部 
門多 丈治 

 プラスチック廃棄物、とりわけマイクロプラスチックの地球環境への影響が懸念される中、諸外国および日本において 容器包装材料への規制強化が進められている。一方でプラスチックは社会生活の基盤材料であり、その利便性を放棄することはできず、その根本的解決策の 一つとして生分解性プラスチックへの転換が世界的に注目されている。本講演では、これらの現状を概説し、当研究所で開発した精密合成技術による構造制御されたポリ乳酸とその優れた特徴及び実用化に向けた取り組みについて紹介する。

○新製品・新技術紹介  15時30分~16時30分

「シーリングを活用した試薬の安定性向上技術の紹介」

 林純薬工業株式会社 試薬化成品部 小西 博史

 試薬は研究、実験、検査等を行ううえで欠かせないものであり、社会の基幹産業として関わる分野や用途は多岐にわたる。また、ニーズや規制・法律の改正(REACH規則や食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度等)に伴い、求められるラインナップや品質、規格等は変化し続けている。一般的に試薬は製造直後から徐々に変化し、一定の品質を下回れば廃棄されるため、変質を抑制する必要がある。近年の持続可能な開発目標SDGs等への取り組みの一環として、この度当社が採用した、簡便かつ実用的な手法で試薬の安定性を向上させる技術について紹介する。

詳細はこちらから

 

ORISTチャンネルはこちら

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

本部・和泉センター・写真

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)


森之宮センター

森之宮センター・写真

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)