地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

ORISTシンポジウム2019(10/31)

掲載日2019年8月9日

 

ORISTシンポジウム2019(第36回科学技術講演会)

プラスチック射出成形技術 –美と機能を求めて-

 

 人の印象は第一印象で決まるとも言われますが、有益な工業部品であるプラスチック製品についても同じことが言えそうです。プラスチックは、自動車、輸送機器、電機・電子機器、家電品、日用品など、様々な工業製品に利用されており、強度、耐久性、耐熱性などの性能が向上するにつれ、その信頼性を高めてまいりました。しかし、技術の進歩にともない性能差が少なくなると、商品としてのプラスチック製品には、より魅力のある外観品質が求められるようになってきました。
 本シンポジウムでは、そのようなプラスチック射出成形品の外観品質、すなわち「美」を追求するための技術的な要素として、「金型温度制御」、「精密転写技術」、「型内ガス対策」に焦点を当てて解説をしていただきます。「美」を追求する技術は、撥水性、親水性、構造色といった「機能」を付与することにもつながり、さらなる魅力の向上に寄与することでしょう。加えて、他の素材にはない、プラスチックの持つ独自の魅力を知ることは商品価値を高めるために重要となってきます。そこで、「デザイン工学」の観点からプラスチックの魅力について解説していただくとともに、時間軸を考慮した「タイムアクシスデザイン」の概念をご紹介いただきます。新商品開発のヒントになる有益な情報が得られる良い機会ですので、ぜひご参加下さいますようご案内申し上げます。

 

◇日 時:2019年10月31日(木) 13:00~17:25

◇場 所:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター 3階 大講堂

◇主 催:地方独立行政法人 大阪産業技術研究所

◇参加費:無料

◇定 員:先着100名

◇プログラム:

     1.あいさつ

            地方独立行政法人大阪産業技術研究所 理事長 中許昌美

     2.金型温度制御技術

            地方独立行政法人大阪産業技術研究所 物質・材料研究部長 泊 清隆

     3.プラスチック、その魅力とタイムアクシスデザインの可能性
       ~これ以上、プラスチックが悪者扱いされないために~

            慶應義塾大学 教授/一般社団法人日本デザイン学会 会長 松岡由幸

     4.プラスチック・プラスチック複合材料成形加工による表面微細形状および機能制御

            山形大学大学院 有機材料システム研究科 教授 伊藤浩志

     5.金型内ガスによる成形不良現象とその対策

            日本工業大学 基幹工学部 機械工学科 教授 村田泰彦

 

◇申込はこちらから

◇詳細はこちらから

※ご入力いただきました個人情報につきましては、大阪府及び大阪市個人情報保護条例に基づき適正に管理します。

※なお、申込者への連絡、弊所及び関連団体の催事情報提供などのご案内で利用させて頂くことがあります。

※申込が多数の場合、締切とさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

 

 

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)

森之宮センター

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)