地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

全国公設試初!リモート分析装置使用サービス開始

      

◆報道発表日:令和3年11月24日

リモート分析装置使用サービス開始

(地独)大阪産業技術研究所(略称:大阪技術研)は、コロナ禍に必要な中小企業支援として、
全国公設試初となる遠隔操作による分析装置使用サービスを令和3年12月より開始し、利用者サービス向上に努めます。

 

 

リモート分析装置使用サービス

リモート分析装置使用のイメージ

大阪技術研ではお客様自身が高度な分析機器を使用していただける、「装置使用」業務を行っています。通常は装置を設置している大阪技術研に来所していただかなくてはなりませんが、本サービスではインターネット回線を介したリモート操作によって会社等に居ながらにして大阪技術研の装置を使用していただけます。
コロナ禍で接触の機会を減らすのに有用なことはもちろん、遠方の利用者にも積極的に弊所の機器をご利用いただきたいと考えています。

 

 

リモート操作第一弾は、

電界放出形電子プローブマイクロアナライザ(FE-EPMA)

FE-EPMAの写真

EPMAはミクロの領域で元素分析できる装置で、新材料や新製品の開発あるいは評価において欠かせない装置です。

大阪技術研では、一般のEPMAよりもさらに高性能なFE-EPMA装置を保有しています。

 

 

報道機関向けリモート操作実演見学会の開催 [12/3 (金) 14時]

報道機関の方を対象とした装置のリモート操作の実演見学会を以下の通り開催いたします。

◇ 日時:令和3年12月3日(金)14:00
◇ 集合:森之宮センター正面玄関

参加を希望される報道機関の方は、本ページ下部に記載のお問い合わせ先までお知らせ下さい。
※ 電話、FAXのいずれでもご連絡いただけます。

申込用FAX送付状(裏面)のダウンロード

 

 

分析装置使用方法習得のための技術講習会開催(参加費無料、オンライン)

本サービスの利用にあたっては、予め装置の紹介及び使用方法を習得いただくための技術講習会(参加費無料)の受講が必要です。
12月には、以下の日程で開催しますので関心ある企業は奮ってご参加ください。

※ 令和4年1月以降の予定は随時Webサイト上でお知らせします。

■ 令和3年12月  9日 (木) [1回目] 10:00 - 11:30 [2回目] 14:00 - 15:30
■ 令和3年12月23日 (木) [1回目] 10:00 - 11:30 [2回目] 14:00 - 15:30

申込方法等の詳細は下記をご覧ください。

講習会ちらしのダウンロード(PDF)

申込状況の確認は下記をご覧ください。

セミナー・講習会一覧ページ(和泉センター)

 

 

リモート操作第二弾として、走査電子顕微鏡(SEM)も準備中

SEMは、試料の表面形状を高い倍率で観察し、分析するための電子顕微鏡です。

令和3年度内にはリモート操作第二弾として、SEMも遠隔操作対応できるよう準備中です。

 

 

お問い合せ先

地方独立行政法人大阪産業技術研究所
本部・和泉センター 顧客サービス部 渡辺
[TEL] 0725-51-2512 [FAX] 0725-51-2520
(受付時間 平日 9:00 - 12:15、13:00 - 17:30)

 

 

関連資料

プレスリリース資料(PDF)のダウンロード

      

ORISTチャンネルはこちら

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

本部・和泉センター・写真

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)


森之宮センター

森之宮センター・写真

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)