地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

ConMat'20 Best Paper Awardを受賞しました


ConMat'20 Best Paper Awardを受賞しました

 

金属表面処理研究部 表面化学研究室長 左藤眞市が執筆者として名前を連ねている論文がConMat'20 Best Paper Awardを受賞しました。

 

論文のタイトル:Corrosion mechanism of steel in concrete

 

執筆者:Satoshi Takaya, Shinichi Satoh, Yohei Hamura, Takashi Yamamoto, and Toyoaki Miyagawa

 

論文の概要:

 コンクリート中の鉄筋は、アルカリ環境であっても塩化物イオンが存在したり、あるいは二酸化炭素による中性化が起きると腐食が始まります。すると、鉄筋はその生成した鉄さびによって体積が増加するため、コンクリート内に膨張圧がかかり、コンクリートにひび割れが生じます。ひび割れができると、ひび割れの部分から塩などの塩化物イオンが侵入し、また二酸化炭素が侵入して中性化も起きやすくなるため、鉄筋の腐食が加速し、コンクリートの劣化につながります。このため、コンクリート構造物の腐食を防ぐことは重要ですが、その腐食メカニズムは未だによくわかっていません。
 本研究では、アルカリ環境での鉄の腐食プロセスを明確にするために、さまざまな水酸化物イオン濃度および塩化物イオン濃度の溶液中で形成された鉄の腐食生成物をラマン分光法で評価しました。また、溶存酸素が生成する腐食物に与える影響も調べました。さらに、実際のコンクリート内で発生している鉄筋腐食を多数調査し、コンクリート中の腐食メカニズムを検討しました。

 

ConMat'20については、次のホームページをご参照ください。
URL:https://biz.knt.co.jp/tour/2020/08/conmat20/index.html

 

○本件に関するお問い合わせ先
 ・大阪産業技術研究所 和泉センター 金属表面処理研究部
 ・TEL:0725-51-2525(総合受付・技術相談)

 

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)

森之宮センター

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)