地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

テクノイノベーションプラザ

      

 

大阪技術研は、公設試の枠を超え、ものづくり企業に技術支援+“売れる”支援も提供します。

■和泉センターには、年間約13,000人、毎日平均50人以上のお客様が来所され、1階のアトリウム(ロビー)を、待ち合わせやバス到着までの時間調整などで利用されています。そこで、その時間を少しでも有効にお使いいただくとともに、次なる技術革新や支援のキッカケづくりにつながるよう、「テクノイノベーションプラザ」として整備しました。

 

■テクノイノベーションプラザは、公設試における“新しい”支援の形として、3つの要素で構成します。

1:コミュニケーションスペース

アトリウムに、テーブルとイス、無料のWiFiと電源を提供します。ご自由に活用し、気づきを形にしたり、興味のある情報をお持ち帰り下さい。連携する大学や支援機関の最新の情報も展示に加え、技術シーズや人材育成、知財、経営支援など、“売れる”ものづくりに必要な情報を一堂に集め、展示・配架しています。もちろん、技術相談窓口もすぐそばにあります。

2:製品化実例の展示

実例を通じ、企業が抱えていた課題と、それを解決した手法や装置なども示しながら、「製品化に至るまでの大阪技術研の関わり」を解説するパネルや実物の展示を行っています。「アイデアはあるが、実現に向けてのアドバイスがほしい」、「開発品の課題解決の糸口が見えなくて困っている。」、「何から相談したらいいのかわからない。」など、お困りごとをお持ちの企業の皆様が前に進むキッカケになるものと思います。

開発に行き詰った時にご覧になると、意外なヒントがあるかも!

 

手前:製品化支援実例の展示  
奥:電源、WiFi完備のテーブル

※製品化支援事例:小林製薬(株)義歯洗浄剤

 

3:ビジネスナビゲーション

 大阪技術研をはじめ全国の公設試は、技術的な支援から企業の高付加価値製品の実現に力を入れてきました。しかし、技術的に優れた製品が“売れる”とは限りません。そこで、新たに“ビジネスナビゲーター”を配置し、技術開発の初期段階から並行して、“売る”ための支援を行います。大阪産業局など他の支援機関と連携して、アイデアの段階で“売れるかどうか”の調査や、ある程度開発が進んだ際に必要な、知財戦略、資金調達、販路開拓など、ビジネスナビゲーターが、開発の段階に応じたアドバイスと、最適な支援策・支援機関の活用をお手伝いします。

 

 

 ビジネスナビゲーターによる支援イメージ

 


〇お問い合わせ・お申し込み先
地方独立行政法人大阪産業技術研究所 本部・和泉センター 経営企画部 担当:竹田
電話 0725-51-2511 (受付時間 平日9:00~12:15、13:00~17:30)

      

ORISTチャンネルはこちら

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

本部・和泉センター・写真

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)


森之宮センター

森之宮センター・写真

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)