地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

油脂中の脂肪酸分布分析の実習(11/21)

掲載日2018年9月3日

-油脂加工品開発と品質管理のための酵素利用技術-

油脂中の脂肪酸分布分析の実習

 食用油脂はグリセリンに脂肪酸が三分子結合した物質です。例えばカカオ脂は、グリセリン骨格のsn-1,3位に飽和脂肪酸、2位にオレイン酸を有する対象型をしており、対象型脂質のもたらす結晶構造がチョコレートの口溶けと美味しさに寄与していることが知られています。
 本研修では、中性脂質中の脂肪酸分布(結合位置)を分析する、脂質分解酵素を用いた新規法(日本油化学会編基準油脂分析試験法2.4.5-2016)を実習し、脂質分析や油脂加工品開発に役立つ基礎的な技術に触れていただきます。

  • 開催日時  平成30年11月21日(水)13:15~16:30
  • 主  催  地方独立行政法人大阪産業技術研究所
  • 場  所  (地独) 大阪産業技術研究所 森之宮センター
    研究本棟 3階開放実験室、4階生化学測定室、食品工学研究室、他
  • 定  員  4名 (先着順)
  • 受講料金  一人10,800円(税込)

    ※関西広域連合に加盟する府県(滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県及び大阪府)に所在又は事業所等がない場合は、受講料が3 割増となります。(事業所等があることがわかる書類をお持ちください。)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

  • プログラム

1. オリエンテーション (13:15~13:30)

生物・生活材料研究部 食品工学研究室 研究主任 渡辺 嘉

2. 実習  酵素反応、固定相カラム分画と脂肪酸組成分析 (13:30~16:30)

生物・生活材料研究部 食品工学研究室 研究主任 渡辺 嘉

生物・生活材料研究部 食品工学研究室 研究主任 山内朝夫

生物・生活材料研究部 食品工学研究室 研究員 吉井未貴

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

申込みは こ ち ら 注意事項 をよくお読みの上、申込みをお願いします。)

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)

森之宮センター

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)