地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

熱硬化性樹脂研究室

自動車、航空宇宙、家電、鉄道、産業機器、電力分野などでの根幹となるエレクトロニクス産業における新規な材料開発を目指して、主にビスマレイミド樹脂やエポキシ樹脂、ベンゾオキサジン樹脂、フェノール樹脂などの硬化前のモノマーや改質剤の構造設計、それらの物性評価や成形加工技術の研究を行っています。また、バイオマス熱硬化性樹脂の開発にも取り組んでいます。

担当者 お問い合わせなどについては「*」印の連絡担当者へお願い致します。

    • 大塚恵子 *
    • 木村肇
    • 米川盛生

対応する業界、素材や技術

マレイミド樹脂、ベンゾオキサジン樹脂、フェノール樹脂、エポキシ樹脂、電気電子材料、接着剤、プラスチック

研究内容

靭性に優れた高耐熱ビスマレイミド樹脂の開発

エポキシ樹脂と同じ熱硬化性樹脂の一種であるビスマレイミド樹脂は、エポキシ樹脂を超える高い耐熱性と低い熱膨張性を示すことから、高耐熱実装材料として注目されています。一方で、脆いという欠点をあわせ持つことから靱性の改善が要求されています。しかし、ビスマレイミド樹脂の耐熱性と靭性を向上させるための因子は相反するものであり、耐熱性と靭性の両立のためにはその材料設計が重要となります。当研究室では、熱硬化性樹脂の材料設計に関するこれまでの知見をもとに、靭性だけでなく耐熱性も向上させたビスマレイミド樹脂を開発しました。

ベンゾオキサジン樹脂を用いた高性能熱硬化性樹脂の開発

硬化反応過程でホルムアルデヒドやアンモニアガスなどの有毒な揮発物を発生せず、酸やアルカリなどの触媒も必要としないベンゾオキサジン樹脂を用いて、成形性や耐熱性、難燃性などに優れた高性能熱硬化性樹脂の研究を行っています。

バイオマスを活用した熱硬化性樹脂の開発

木材や稲わらなどからパルプを製造するためにセルロースを抽出した後に生成するパルプ廃液には、リグニンといわれる天然物が多く含まれています。このリグニンをパルプ廃液から抽出して、熱硬化性樹脂と複合化させたバイオマス熱硬化性プラスチックの開発に取り組んでいます。

熱硬化性樹脂研究室に関するお問合せ

依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合などの際は、
技術相談窓口へお尋ねください。

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)