地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

界面活性剤研究室

本研究所が創立して以来の歴史を持ち、界面活性剤に関する試験研究業務を行う機関として、全国の公設試の中ではユニークな存在です。表面張力、粒度分布、ゼータ電位の測定や、油脂・石油類の引火点測定等を行っています。界面活性剤分子が自己組織化する性質を活用し、さまざまな溶媒をゲル化・増粘する低分子ゲル化剤の開発も行っています。

担当者 お問い合わせなどについては「*」印の連絡担当者へお願い致します。

    • 懸橋理枝 *
    • 東海直治
    • 中川充

対応する業界、素材や技術

大阪市域の地場産業である界面活性剤に関わる製造業を技術面から支援するため、界面活性剤の物性評価や、微粒子分散液の粒径分布とゼータ電位の測定、軽油・灯油等の石油製品や液体の化粧品・洗剤等の引火点試験を行っています。

研究内容

機能性低分子ゲル化剤の開発

化粧品、洗剤、塗料など我々の身近にある液体の製品は、液体の粘性を高めたり(増粘)、固体のように固めたり(ゲル化)することで、使いやすくしたり感触をよくしたりしています。最近、従来の寒天やゼラチンのような高分子型ゲル化剤に対し、低分子化合物の自己組織化を利用した低分子ゲル化剤が注目を集めています。 当研究室では、これまでの界面活性剤に関する知見を活かし、水や電解質水溶液、高極性の有機溶媒や動植物油や鉱物油などの油を、1~2%の添加で増粘・ゲル化できる低分子ゲル化剤(界面活性剤)を開発しました。

低分子ハイドロゲル化剤(アミドアミンオキシド型界面活性剤)による水や極性有機溶媒の増粘・ゲル化

従来、ハイドロゲル化剤では「電解質の添加による減粘」が課題とされてきましたが、この界面活性剤は電解質水溶液も増粘・ゲル化します。また、分子の化学構造や溶液のpHにより、ゲル化温度(ゾルゲル転移温度)を制御することにも成功しました。さらに、形成された分子集合体の構造により、溶液の外観や粘度挙動が異なることを明らかにしました。

低分子オイルゲル化剤による油の増粘・ゲル化

動植物油や鉱物油などの油は非常に用途が広く、これらを効果的に増粘・ゲル化することができれば、新たな製品の開発が可能になります。当研究室では、さまざまな油を効果的に増粘・ゲル化させる、新規低分子オイルゲル化剤を開発しました。これらは、工業用に用いられるいくつかの有機溶媒を増粘・ゲル化することも可能です。

界面活性剤研究室に関するお問合せ

依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合などの際は、
技術相談窓口へお尋ねください。

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)