地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

機能性色材研究室

様々な工業材料の着色技術・色彩計測に関する研究を行っています。また、繊維や紙、フィルムなどプラスチック製品の物性や光学特性などの計測、環境や安全性に配慮した新しい表面加工・リサイクル技術などの研究も行っています。

担当者 お問い合わせなどについては「*」印の連絡担当者へお願い致します。

    • 吉村由利香 *
    • 大江猛

対応領域

染料,顔料,インクなどの各種色材,印刷や染色技術,繊維・紙・フィルムなどの高分子表面の改質および機能化加工,物性測定,光学特性,色彩計測,光源色

研究内容

マイクロ波を用いた高分子の着色技術

マイクロ波は、染料・インクなどの色素材料や高分子材料(繊維やプラスチックなど)に吸収されると、その分子運動を活発にする性質があります。この性質を利用して、マイクロ波エネルギーで、色素を高分子基材内部に効率よく拡散させ着色する省エネルギーな工業製品の着色技術を研究しています。

糖質を使った繊維の安全性の高い着色技術

食品の味噌、しょう油、竹輪や蒲鉾の着色に利用しているメイラード反応に着目して、衣料用繊維の新しい着色技術の開発に取り組んでいます。特に、この着色技術では、着色材として安価で安全な糖質(グルコースなどの還元糖)を利用することができます。

トピックス

以下の依頼分析・受託研究を行っております。お気軽にご相談ください。

  • インクや染料などの耐光性試験、色彩測定、紫外・可視・近赤外分光分析(190~3100nm)
  • 繊維・紙の物性試験
  • 吸湿性、染色加工技術

など

色材研キーワード:
色素・インク・染料・印刷・繊維・紙・色彩・対候性・帯電性・吸湿性・繊維強度・繊維表面加工

機能性色材研究室に関するお問合せ

依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合などの際は、
技術相談窓口へお尋ねください。

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)