地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

脂質工学研究室

「微生物」、「脂質(油脂)」、「酵素(リパーゼなど)」をキーワードとして、脂質の抗菌活性、皮膚細菌叢の制御、バイオフィルム形成抑制、微生物の遺伝子操作や遺伝子解析、機能性脂質の製造や精製、酵素の性質の解析などの研究に取り組んでいます。

担当者 お問い合わせなどについては「*」印の連絡担当者へお願い致します。

    • 永尾寿浩 *
    • 田中重光

対応する業界、素材や技術

化粧品、医薬品、化成品、抗菌剤、食品、健康補助食品
微生物、脂質、油脂、脂肪酸、脂肪族アルコール、脂肪酸エステル、脂質関連物質、酵素、リパーゼ
抗菌活性、皮膚細菌叢、スキンマイクロバイオータ、スキンフローラ、遺伝子操作、遺伝子解析、リアルタイムPCR、微生物変換、醗酵、水分量測定(カールフィシャー法)

研究内容

脂質の抗菌活性に関する研究

 微生物は“汚いバイ菌”として、全て排除することは正しいでしょうか? ヒトの腸や皮膚などには多数の微生物が存在し、それらは健康に寄与する微生物(善玉菌)、疾病に関与する微生物(悪玉菌)などに分類できます。従って、全ての微生物の生育を抑制するのではなく、疾病に関与する微生物だけの生育を選択的に抑制すれば、ヒトと健康に寄与する微生物の良好な共生関係が成立します。

 当研究室では、疾病に関与する微生物に作用し、健康に寄与する微生物に作用しない選択的抗菌活性を持つ脂質の研究を行っています。例えば、黄色ブドウ球菌はアトピー性皮膚炎の炎症部で増加し、炎症の悪化に関与しています。また、肌荒れ時にもこの菌が増加します。そこで、黄色ブドウ球菌に対する選択的抗菌活性をもつ脂肪酸を見出しました。

 この選択的抗菌活性は、皮膚細菌叢(スキンマイクロバイオータ、スキンフローラ)の制御に役立ち、医薬・化粧品、抗菌剤、化成品などの素材や製品開発に活用できます。

バイオフィルムの抑制に関する研究

 バイオフィルム(BF)は微生物によって界面や固体表面に形成される膜状物質です。BFは、環境中のありとあらゆるところに形成されますが、特に身近なところではシンク・トイレ・排水溝など水周りのヌメリ汚れや、医療分野では機器汚染・感染症難治化の原因として、しばしば問題となります。
 当研究室では、培養技術をベースに微生物にBFを形成させ、それに対する薬剤あるいは洗浄剤のBF形成阻害効果と洗浄力を評価しています。この評価系を用いることで、既存あるいは新規な洗浄剤にBF阻害・洗浄効果という指標で、新たな価値を付与できると期待しています。また一方で、脂質関連物質を中心に、微生物の生産するBF阻害剤の探索を行っています。新規な抗菌剤・QS阻害剤の利用による洗浄剤、医薬・化粧品などの素材や製品開発を目指しています。

微生物の遺伝子操作と遺伝子解析に関する研究

 酵母や大腸菌の遺伝子組み換えによる脂質関連酵素の生産や、リアルタイムPCRを用いた微生物の定量解析や遺伝子発現解析などに関する研究をおこない、機能性食品や化成品、医薬・化粧品などの素材や製品開発に役立てることを目指しています。

酵素を用いた機能性脂質の製造・精製

 リパーゼを用いた応用研究を行いました。リパーゼの基質特異性などを用いて、高度不飽和脂肪酸(DHAなど)高含有油脂の製造、機能性油脂(高度不飽和脂肪酸、共役リノール酸、トコフェロール、植物ステロールエステル、アスタキサンチンなど)の精製、各種脂肪酸エステル(メントールエステルなど)の製造などに関する研究を行い、機能性食品、医薬・化粧品などの素材や製品開発に役立てました。

リパーゼの性質に関する研究

 リパーゼに関する基礎研究を行いました。例えば、リパーゼの脂肪酸特異性や位置特異性などを評価しました。得られた結果は、新しい酵素剤の開発に役立ちます。

トピックス

「脂質の抗菌活性に関する研究」を活用した製品化事例

皮膚に常在する微生物の生育制御に関する技術を化粧品に展開し、製品化しました(企業との共同研究)。詳しくは下記のページをご覧下さい。
/morinomiya/topics/142791.html

脂質工学研究室に関するお問合せ

依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合などの際は、
技術相談窓口へお尋ねください。

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)