地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

食品工学研究室

タンパク質、油脂などを主なターゲットとして、酵素や植物抽出物を用いたタンパク質や脂質を改変する食品加工技術、粘弾性等各種物性測定や電子顕微鏡を用いた微細構造観察などを利用した食品物性の評価、細胞を用いた食品機能の評価技術などの開発を行っています。

担当者

 ・渡辺 嘉     研究室長
 ・山内 朝夫    主任研究員

対応領域

食品、化学薬品、樹脂製品、蛋白質、蛋白質分解酵素、食品物性、食品形態、微生物の利用技術、食用油脂、油脂分解酵素、バイオディーゼル燃料、細胞培養、機能性評価、安全性評価

研究内容

植物抽出物の添加による、食品物性(硬さ、変形しやすさなど)の改変

野菜、茶など身近な食用植物素材の抽出物を用い、歯ごたえ、こしなどの食感を改質する技術を開発しています。

蛋白質、増粘剤などを配合した、食品用接着剤の開発

ゼラチン、卵白などのタンパク質素材や増粘多糖類を配合した、食品用接着剤ならびに工業用接着剤を開発しています。

酵素を用いた機能性脂質の製法や分析法の開発

機能性食品や化粧品・化成品素材を、高品質で製造するための酵素法の開発を行います。また、油脂の各結合位置における脂肪酸分布を解析する簡便な酵素法も開発しています。本法は、所望の物性や機能を持った脂質の設計や加工にも役立ちます。

樹脂表面へのタンパク質やDNAの吸着評価法の開発

倒立型蛍光位相差顕微鏡

食品の包装やパッケージで使用される樹脂材料に対して、タンパク質等の吸着汚れを評価する方法を開発しています。

細胞を用いた食品の機能性や安全性の評価

細胞培養用クリーンベンチ

食品の中に含まれる有効成分の実証や、夾雑物の毒性について動物細胞を用いた評価をしています。

トピックス

各種物性測定機を用いた食感の定量化

食感改良、介護食開発等に役立つ、各種機器を用いた評価法を開発しています。

低吸着を示す樹脂製品の開発

既存のシングルユース製品と比較し、製品表面へのDNA・タンパク質の吸着量が低減し、かつ液切れも優れた高機能樹脂を開発しています。

ヘアカラーした髪の状態を長く保つヘアケア化粧品

ポリフェノールで酸化架橋したタンパク質

植物抽出物のポリフェノールによる酸化架橋を利用することで、ヘアカラーで傷んだ毛髪タンパク質の結合力を強化し毛髪を修復するヘアケア用化粧品を開発しています。

乳酸菌などの微生物を利用した発酵食品や化粧品の開発

人間が古来から活用してきた乳酸菌や麹などの発酵物を調製し、制菌作用等の付加価値を持つ食品や化粧品などの開発を行っています。

研究成果


  1. 植物成分を利用した毛髪タンパク質の架橋
  2. 酵素による油脂の結合位置別脂肪酸組成の新規分析法の確立
    (日本油化学会制定基準油脂分析試験法2.4.5-16, AOCS Official Method Ch 3a-19)
  3. 酵素による高度不飽和脂肪酸濃縮法やバイオディーゼル製造法開発

連絡先 9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

( ★を「@」に変更してください )
  • 渡辺 嘉【問合せ担当者】
    yomi★omtri.or.jp
  • 山内 朝夫
    yamauchi★omtri.or.jp


依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合は、
技術相談窓口(06-6963-8181)へお尋ねください。