地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

プラスチック成形加工研究室

射出成形を中心とした熱可塑性プラスチックの成形加工に関わる技術開発,ならびに高耐候性プラスチックの創製を目指したポリマーブレンドに関わる技術開発等を行っています。新製品の開発研究,成形不良対策相談,物性試験・流動性試験・促進耐候性試験,成形品内部構造の解析,コンピュータを用いた流動解析(CAE)などについても対応します。

担当者 お問い合わせなどについては「*」印の連絡担当者へお願い致します。

    • 山田浩二 *
    • 東 青史
    • 垰 幸作

対応する業界、素材や技術

プラスチック製品製造業、プラスチック製品を使用するあらゆる産業
射出成形、熱可塑性プラスチック、エンジニアリングプラスチック、繊維強化プラスチック、金型内流動解析、成形品の破壊解析

研究内容

高耐候性ポリマーブレンドの開発

屋外環境では、紫外線、熱、雨等の要因が材料を劣化させます。この劣化に対する抵抗力を耐候性と呼びます。耐候性は、屋外で使用される製品には必要不可欠な特性です。ポリプロピレン(PP)やポリアミド(PA)などのプラスチック材料は、軽量で、強度が高く、安価でリサイクル性に優れ、自動車、家電製品から日用製品まで大量に使用されています。しかし、長期間の屋外使用では耐候性が低いという欠点があります。この欠点を補うために一般的に、表面の塗装、酸化防止剤や紫外線吸収剤の添加、材料の着色が行われますが、VOCの発生、リサイクル性の低下、2次工程によるコストアップ等の問題も生じます。
本研究では、高耐候性樹脂とのポリマーブレンドにより無塗装で安価な耐候性の高いポリマーブレンドの開発を行っています。

ウェルドラインに起因する外観不良「表面起伏」の低減に関する研究

非対称キャビティを用いてウェルド試験片を成形した。2次流動による界面の変形・非局在化が、非相溶ブレンド系材料を用いた目視観察により実証できました。また表面起伏も著しく低減できることが分かりました。

ラマン分光法を用いた射出成形品の高次構造解析

ポリスチレン射出成形品のウェルドライン周辺における分子配向状態をレーザーラマン分光法で評価し、以下の知見を得ました。

  • 樹脂温度、射出速度などの主要な成形条件によって配向度は大きく変化しました。
  • 成形品の部位によって配向状態は著しく変化しました。
  • アニーリング(成形品の内部応力を除去するために行われる熱処理)によって分子配向が緩和する様子を実際に観察できました。

プラスチック成形加工研究室に関するお問合せ

依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合などの際は、
技術相談窓口へお尋ねください。

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)