地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2019-0056

発表論文 Development and Validation of Kurtosis Response Spectrum Analysis for Anti-Vibration Packaging Design Taking into Consideration Kurtosis
発表者名 ○細山 亮、津田 和城、堀口 翔伍
掲載誌/掲載箇所

Packaging Technology and Science
Volume33, Issue2, 51-64 (2020)

発表日

2019/12/10

概要


本研究では、輸送振動の非ガウス性を考慮した防振包装設計を行うための指標として、尖度応答スペクトルを構築した。尖度応答スペクトルは、包装品を1自由度システムと想定し、ある入力波形が1自由度システムに入力された時の応答波形の尖度を固有周波数ごとに求めたものである。実輸送データに対して尖度応答スペクトル解析を行い、包装品の固有振動数によって製品応答加速度の尖度が異なることを明らかにした。また、ダミー包装品を用いた実験を行い、包装品の固有振動数によって製品応答加速度の尖度が異なることを実験的に検証した。尖度応答スペクトルによって、包装品の固有振動数が製品の応答尖度に及ぼす影響を把握することが可能となる。