地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2019-0062

発表論文 不織布系ジオコンポジットの濁水中細粒分に対するフィルター性能評価
発表者名 ○西村 正樹、他
掲載誌/掲載箇所

ジオシンセティックス論文集
Vol. 34 pp.137-144 (2019)

発表日

2019/12/5

概要


不織布系フィルター材においては、濁水中の細粒分捕捉性能を確保しつつ目詰まりを抑制することは、極めて困難である.ただし、除去土壌を対象とした中間貯蔵施設(土壌貯蔵施設)のように、フィルター材に濁水が供給される期間や量が限定的で、且つ、濁水の供給停止後も現場を一定期間保存できる特殊な条件下では、複数のフィルター材を併用することで、フィルター層全体としての目詰まりを抑制しつつ、細粒分捕捉性能を向上できる可能性がある.そこで、不織布および不織布系ジオコンポジットを試作し、濁水透過実験を行い、その結果を基に、土壌貯蔵施設のフィルター材としてそれらを適用した場合の累積細粒分捕捉率を試算した.