地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2019-0057

発表論文 Dissimilar welds between Al2O3 and AZX612-Mg alloy by friction stir spot welding
発表者名 ○園村 浩介、尾﨑 友厚、片桐 一彰、長谷川 泰則、田中 努、垣辻 篤
掲載誌/掲載箇所

Journal of the Ceramic Society of Japan
127, 12 (2019) 939-941

発表日

2019/12/2

概要


マシニングセンタやドリルマシンなどを用いてアルミナとマグネシウム合金との異種材料接合を行い、その接合界面について走査型透過電子顕微鏡を用いて観察を行った。これまでの研究で、摩擦撹拌点接合法を用いた場合、アルミナとマグネシウムは強く接合することが示唆されていた。本研究では、摩擦攪拌点接合法にてアルミナとマグネシウム合金が強く接合されることを確かめた。さらにマグネシウム合金を用いた場合は、添加物のカルシウムも界面に沿って偏析し、化合物を形成している可能性があることが分かり、カルシウムも接合に大きく寄与することが分かった。