地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2019-0023

発表論文 Real-time interactive holographic 3D display with a 360 degree horizontal viewing zone
発表者名 ○山東 悠介、佐藤 和郎、他
掲載誌/掲載箇所

Applied Optics
Vol. 58, No. 34, 2019, G1-G5

発表日

2019/12/1

概要


本研究は、ホログラフィック3Dディスプレイにおいて重要な完全な水平視域を維持しながらも、観測者の指示に応じたインタラクティブ再生を初めて実現したので報告する。ホログラムは、3Dフーリエ変換に基づいた高速計算法により合成され、実時間でホログラム表示デバイスである空間光変調器(SLM)に転送される。SLMでは、視域拡大用の回転ミラーと同期してホログラムが表示される。本手法の有効性を確認するため、X線CTで撮影した人間の頭部の3次元データを用いて、実時間・インタラクティブ再生を実演した。