地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2019-0034

発表論文 消臭・脱臭・芳香製品の性能評価方法
発表者名 喜多 幸司
掲載誌/掲載箇所

科学と工業
第93巻 第10号 p.346

発表日

2019/10/25

概要


一般家庭用の各種消臭・脱臭・芳香製品の性能評価方法の詳細および評価例について紹介した。消臭・脱臭製品については、樹脂製のサンプリングバッグおよびステンレスチャンバーを使用する静置法と、臭気ガスを試料に連続的に接触させる連続通気法を中心に記載した。静置法について、国内で普及している繊維評価技術協議会の規格では、試料種、バッグサイズ、臭気ガス量、および初発濃度等が規定されているが、当所では試料形態やサイズに合わせて各種条件を柔軟に対応している。また、最近実施数が増加している芳香製品については、芳香持続性の評価方法を記載した。