地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2019-0048

発表論文 乾湿繰返しによる腐食過程で生成する保護性さびの特性
発表者名 ○左藤 眞市、佐谷 真那実、他
掲載誌/掲載箇所

コンクリート構造物の補修、補強、アップグレード論文報告集
第19巻 (2019)

発表日

2019/10/17

概要


コンクリート構造物の鉄筋腐食を研究するうえで、劣化期に達した軍艦島(端島)のコンクリート構造物群を調べることは意義が深い.著者らは、軍艦島における腐食の進行メカニズムなどについて検討を行ってきた.その結果、乾湿繰り返しによる腐食の進行過程で鉄筋表面に保護性さびが形成し、すでに腐食の進展が抑制されている箇所もあることを見出した.そこで本研究では、保護性さびの耐食性を塩水噴霧試験で評価した.また、SEM画像や機器分析から保護性さびの優れた耐食性能が緻密なさび内層に由来することを見出した.さらに、保護性さびの生成条件を調べるため腐食環境調査を実施した.その調査内容についても報告する.