地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2019-0024

発表論文 積層造形における幾何学的制約を考慮したトポロジー最適化
発表者名 ○三木 隆生、他
掲載誌/掲載箇所

日本機械学会論文集
Vol.85, No.874 2019年

発表日

2019/6/25

概要


トポロジー最適化は、自由度の高い構造最適化の方法であるが、一般にトポロジー最適化によって得られる構造は幾何学的に複雑な構造になる場合が多く、製造が困難である.この問題を解決するためには最適化の過程において、製造要件を満たすための制約を考慮し、最適構造を求める必要がある.本研究では積層造形における製造要件、すなわち、オーバーハング制約と呼ばれる幾何学的制約を平滑化特性関数に基づき定式化した.数値例を通して、最適化の過程では制約の違反を許容し、最適構造においてはオーバーハング形状を低減できることを示した.