地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

投2018-0062

発表論文 Diagnostic Technique for Electrical Tree by Current Integration Method
発表者名 ○岩田 晋弥、木谷 亮太、他
掲載誌/掲載箇所

Proceedings of 2019 IEEE Electrical Insulation Conference
(2019) 317-320

発表日

2019/06/16

概要


高分子材料の電気絶縁劣化として、電気トリーの発生と進展が知られている。電気トリーは絶縁破壊の前駆現象であるため、事前にその発生を検知する必要がある。本研究では、交流高電圧によってエポキシ樹脂内部に発生した電気トリーが、直流電圧印可時の電流の時間特性に与える影響を電流積分電荷法によって評価した。その結果、電流積分計内部の積分コンデンサに蓄積される電荷量が、電気トリー劣化の度合いに応じて変化することが明らかとなった。また、実験結果に対し、RC回路モデルを用いてシミュレーション解析を行い、試料の静電容量や電気抵抗値などのパラメータを推定した。