地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0209

発表題目 ハイブリッドレーザを用いたアルミニウム合金のレーザ溶接
発表者名 ○萩野 秀樹、山口 拓人、他
発表会名 第92回レーザ加工学会講演会
発表日

2019/12/9

概要


近年、ビームプロファイルの調整が可能なレーザが開発されており、それらのレーザを用いて溶接時のスパッタ低減や溶接品質の改善を実現した事例が報告されている。難溶接材料であるアルミニウム合金に対しても、スポット径の異なるレーザ光を重畳して溶接を行い、割れの発生を低減したという結果が報告されているが、引張強度などの機械的強度に及ぼすビームプロファイル調整の効果については不明である。本研究では、2つのレーザからの光を重畳したレーザ(以後、ハイブリッドレーザ)をアルミニウム合金の溶接に適用し、溶接強度に関する基礎的な実験を行った。その結果について報告する。