地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0216

発表題目 ポリエチレン架橋剤分解残渣中の水分子の拡散特性~分子動力学計算による検証~
発表者名 ○岩田 晋弥、他
発表会名 電気関係学会関西連合大会
発表日

2019/11/30

概要


高分子材料の絶縁劣化現象として、空間電荷形成や電気トリーおよび水トリーの発生が知られている。これらは、絶縁破壊に繋がり、電気・電子機器やシステムの不具合に至る場合があるため、抑制方法に関する研究が進められてきた。その有力な方法として、添加剤の導入が挙げられるが、抑制メカニズムについては未解明な点が多く、分子サイズでの理解は進んでいない。本研究では、分子動力学計算を利用し、外部電場下での添加剤(架橋剤分解残渣分子)中の水分子の動的特徴を評価し、空間電荷測定の結果と比較することで、種々の添加剤の効果について検証を行った。特に、アセトフェノン中の水分子が顕著な拡散を示したので、その詳細を報告する。