地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0183

発表題目 3軸同時および単軸ランダム加振による包装貨物の応答比較
発表者名 ○細山 亮、津田 和城、堀口 翔伍
発表会名 第57回全日本包装技術研究大会(仙台大会)
発表日

2019/11/21

概要


現状のランダム振動試験では、輸送環境調査を行う場合、実輸送環境を3軸加速度センサにより把握し、各軸方向の加速度から得られるPSDプロファイルに基づいて1軸ずつ順番に加振している。しかしながら、実輸送環境を1軸の加振で再現する試験は、多軸方向に同時に振動が生じる実輸送環境と比べてどのような違いがあるのか明らかではない。本研究では、包装貨物ランダム振動試験における3軸同時と単軸独立加振の違いを明らかにするために、3軸同時振動試験機で再現した振動環境を実輸送環境として、書庫を供試品とした振動実験を行い、3軸同時ランダム加振および単軸ランダム加振時の書庫の応答加速度を比較する。