地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0196

発表題目 Experimental fabrication of the morphing wing for UAVs by CFRP using the electrodeposition resin molding method
発表者名 ○片桐 一彰、山口 真平、他
発表会名 Korea-Japan Joint Seminar on advanced structures and materials for morphing technology in future aircraft(招待講演)
発表日

2019/11/20

概要


異常気象や地震・津波による広域災害時の状況把握、安全保障環境の変化に伴う洋上監視など、長時間滞空が可能な、エネルギー効率のよいドローンが期待されているが、現在の一般的なドローンは4個のローターを回転させるため、エネルギー消費が大きく、容量の大きい電池が必要で、長時間・長距離を飛行することは難しい。そのため、エネルギー効率のよいドローンの開発に向けたモーフィング翼の研究を行った。名古屋圏ではドローンに着目している中小企業は多いが、長時間滞空が可能なドローンの開発例はなく、大阪の中小企業の参入が可能となる基礎技術の構築を目指す。