地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0204

発表題目 電解法による金属空気二次電池用金属酸化物触媒の作製
発表者名 西村 崇
発表会名 第132回KYMFES例会
発表日

2019/11/18

概要


金属空気二次電池は次世代の高性能電池として注目されている。しかし、製品化を考慮した場合、正極の触媒活性や耐久性が不十分で、未だ実用化に至っていない。そこで、我々は大面積化や量産化に対応できる安価な手法である電解技術に注目して金属空気二次電池用正極触媒の作製を試みた。触媒としては、アルカリ水溶液中で活性が高いと報告されているランタンとマンガンの金属酸化物に注目した。今回、ランタンとマンガンの共析実験を行うことで組成制御方法の確立に成功し、更に導電助剤の炭素粉も同時に析出させることにより高活性な触媒作製が可能となったので報告する。