地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0156

発表題目 セルロースナノファイバーシートを適用したCFRPの強度特性
発表者名 ○片桐 一彰、山口 真平、奥村 俊彦、他
発表会名 材料力学カンファレンス2019
発表日

2019/11/3

概要


木材などの持続可能な天然資源から精製されるセルロースナノファイバーは強度に優れている。これまでの研究から、電着樹脂含浸法を適用し、セルロースナノファイバーを複合化して、CFRPの強度を向上させることが可能となった。本研究では、社会実装に向けて、従来からあるCFRPの製造法であるプリプレグ法に、セルロースナノファイバーを適用することを試みた。セルロースナノファイバーと電着液を混合分散し、シート化して、プリプレグ間に挟みこんだ(電着液だけは使い、樹脂含浸はしない)。その結果、やはり、強度向上が得られた。また、軽量性を評価する指標である比強度(=重量あたりの強度)の向上も確認した。