地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0157

発表題目 電着による樹脂含浸法を適用したCFRPの製造法~自動車の電着塗装技術を応用~
発表者名 ○片桐 一彰、山口 真平、他
発表会名 複合材料・カーボンフェア2019
発表日

2019/10/24

概要


これまでに研究を行ってきた電着樹脂含浸法によるCFRPの製造、成形法に関し、その特徴とメカニズムをまとめ、PRを行った。1)製法が簡易:エポキシ原料の2液混合、樹脂の加圧/真空含浸、オートクレーブ不要、2)成形が容易:曲面の成形や立体部材の一体成形が容易、3)繊維の曲線化が容易:主応力方向に沿った曲線化、ボルト孔の迂回、4)異種材料の複合化が可能:セルロースナノファイバーを疎水化せず添加→強度UP。また、いろいろな成形例(円筒、I型断面の梁、航空機の翼型)を示し、特に航空機の翼型に関しては、無人機に取り付けたところを写真で示し、大阪産業の発展に向けて製品化を目指しているところをPRする。