地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0167

発表題目 新しい殺菌技術の応用による食品保存性の改善
発表者名 井川 聡
発表会名 大阪産業技術研究所と産官技術交流会「新チャレンジ大阪3」
発表日

2019/10/3

概要


食品を廃棄する理由の一つに、細菌やカビの発生による腐敗が挙げられます。強力な殺菌剤の使用は腐敗防止に役立つものの、健康への悪影響が懸念されるため容易ではありません。当研究所では大阪大学と共同で殺菌技術の研究を進め、過硝酸を用いた殺菌技術の開発に成功しました。過硝酸はきわめて高い殺菌力を示す一方で、短時間で分解して無害化するため高い安全性も同時に持ち合わせています。この過硝酸を用いる事で食品の保存期間を延ばし、食品ロスの低減につながることが期待されます。