地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0105

発表題目 自己放電型除電器具の性能比較方法
発表者名 平井 学
発表会名 第43回静電気学会全国大会
発表日

2019/9/12

概要


導電性繊維等を用いた除電器具は既に広く利用されているが、この製品の性能を評価する方法は規格化されたものがなく、除電能力を比較するためのコンセンサスがとれた試験方法が確立していない。本来、イオナイザーを含めた除電器具が適切に選択できるようにすることが望ましいため、まずは自己放電型除電器具の除電能力を比較する方法を検討している。本研究では、JIS L 1094のD法に規定された摩擦帯電減衰測定機を利用して自己放電型除電器具の性能比較方法をチャンネルブラシ形状の試料で検討した。試料の除電能力に由来する試験結果が得られており、性能比較が可能であると思われる。