地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0132

発表題目 Electrochemical Characteristics of Solid Oxide Fuel Cell Using Gas from Biomass Gasification 「バイオマスのガス化ガスによる固体酸化物形燃料電池の電気化学特性」
発表者名 ○山口 真平、尾﨑 友厚、陶山 剛、他
発表会名 16th International Symposium on SOlid Oxide Fuel Cells (SOFC16)
発表日

2019/9/8

概要


環境負荷の少ない資源であるバイオマスは、ダウンドラフトガス化によりガス燃料に変換できる。本研究では、これまで明らかにされていないダウンドラフトガス化炉によるバイオマスのガス化特性と、ガス化ガスを用いた固体酸化物形燃料電池(SOFC)の電気化学特性について実験的に調べ、下記の結果を得た。(1)ダウンドラフトガス化炉によるガス化ガスは、最大効率において、特異的な組成に安定化する。(2)ガス化ガスによるSOFCの電気化学特性評価より、電極の三相界面近傍では、シフト反応によりCOはH2にするため、H2の反応が支配的である。(3)ガス化ガスによるSOFCの最大出力は、純水素使用時の72%が得られる。