地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0122

発表題目 CAE (Computer Aided Engineering)とDNN (Deep Neural Network)を用いた構造物内部の騒音源位置推定
発表者名 喜多 俊輔
発表会名 ORIST技術セミナー(AI・機械学習を活用するものづくり)
発表日

2019/8/29

概要


家電製品や機械装置での異音や、ものづくりの現場となる工場における騒音は、品質や環境に悪影響を及ぼすことから、低騒音化が必要となっています。そのため、音源の位置推定に関する研究が様々な分野から取り組まれています。当研究所では、機械製品や建造物の内部に存在する音源の位置推定を目的として、CAE(Computer Aided Engineering)とDNN(Deep Neural Network)を利用した、構造物内部の音源探査手法に関する研究に取り組んでいます。本講演では、音源探査の手法と、数値実験と実験により未知の周波数特性を有する音源の位置を推定した結果について紹介します。