地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0109

発表題目 Suppression of Electrical and Water Tree by Additive Molecules: A Computational Insight
発表者名 ○岩田 晋弥、他
発表会名 International Symposium on High Voltage Engineering
発表日

2019/8/28

概要


高分子材料は電気絶縁劣化として広く使用されている。一般的に、高電圧環境下での劣化抑制を目的とし、紫外線吸収剤、界面活性剤、酸化防止剤をはじめとする様々な劣化抑制剤が添加されている。劣化抑制時には、添加剤や水分子の凝集が重要な役割を果たすと考えられているが、メカニズムの詳細は未解明である。本研究では、量子化学計算と分子動力学計算を使用し、ポリエチレン架橋剤分解残渣、紫外線吸収剤、界面活性剤および水がポリエチレン分子鎖内でどのように凝集するかを評価した。耐電気トリー性および耐水トリー性の評価を目的とし、分子種の組み合わせや温度が与える影響を考察し実験結果と比較した。