地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0123

発表題目 非鉛圧電薄膜の開発と振動発電デバイス応用
発表者名 ○村上 修一、他
発表会名 エネルギーイノベーションジャパン2019
発表日

2019/8/27

概要


近年、IoT社会到来に向けて、小型電子モジュール向け自立型電源に注目が集まっている。有力な方式として、身近にある光、振動、熱から電力を取り出すエネルギーハーベスティング(環境発電)技術が挙げられる。大阪府立大学と当所とで圧電型MEMS振動発電デバイスの開発を行っており、今回、非鉛BiFeO3圧電薄膜や同薄膜を使った振動発電デバイスの性能について報告する。また、圧電型振動発電の応用として電力線周辺に形成される交流磁界から電力を生成するデバイスを(株)ダイヘンと開発しており、その特長と性能についてもデモンストレーションを行いながら報告する。