地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0111

発表題目 Effect of Si content on microcrack generation in selective laser melted Al~Si binary alloys
発表者名 ○木村 貴広、中本 貴之、他
発表会名 The 10th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing
発表日

2019/8/21

概要


本研究では、レーザ積層造形法により作製したアルミニウム合金で発生するマイクロクラックについて詳細に調査した.Si含有量を変化させたAl-Si二元合金造形体において、マイクロクラックはAl-1%Si合金にのみ発生し、造形体の機械的性質を大幅に劣化させることを示した.クラックの発生メカニズムを解明するための各種検証実験の結果、Al-1%Si合金はレーザ照射直後の固液共存状態において脆性的な特性を示し、クラックは凝固完了前の段階で発生していることがわかった.これらの結果から、Al-1%Si合金のマイクロクラックは、レーザ照射による局所的な凝固収縮で発生する引張応力に起因した凝固割れであることを明らかにした.