地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0103

発表題目 めっきとドライコーティングの複合化により実現した優れた保油構造を持つPVD硬質膜の摩擦特性
発表者名 小畠 淳平
発表会名 金型綜合技術研究会通常総会 記念講演
発表日

2019/8/1

概要


塑性加工分野では、金型の耐久性向上としてPVD硬質膜コーティングの採用と潤滑油の併用が効果を挙げています。しかし、環境問題の観点から、潤滑油の使用量削減が強く求められており、金型の耐摩耗性向上と潤滑油の効率的な利用を両立させる新しい技術の確立が望まれています。そこで私たちは、硬質CrめっきとPVDコーティングの複合表面処理により、連続かつ微細な網目状の溝構造を持つPVD硬質膜の開発を行いました。微細溝構造を持つ硬質膜は、潤滑油の低減と管型寿命の向上を同時に達成でき、塑性加工金型や各種摺(しゅう)動部品への適用が可能です。