地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0042

発表題目 めっき複合炭化物を利用したレーザ肉盛層の割れ低減に関する研究
発表者名 ○萩野 秀樹、山口 拓人
発表会名 第91回レーザ加工学会講演会
発表日

2019/6/20

概要


"硬質な炭化物を含んだ金属層は耐摩耗性に優れているため、金型や工具の分野ではレーザ肉盛による炭化物を含有した肉盛層の形成が期待されており、多くの機関で研究開発が行われている。しかし、肉盛時に炭化物が溶出することにより、マトリクスの割れ感受性が高まり、肉盛層に割れが多発するという課題があり、十分な性能を有する、炭化物を含有した肉盛層の実現には至っていない。 本研究では、めっきを施した炭化物を利用することで炭化物の溶出を抑制し、割れの低減を実現した。その結果について発表する。あわせて割れ低減を実現するためのレーザ肉盛条件について、シミュレーションにより検討した結果についても発表する。"