地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0044

発表題目 半導体レーザによるステンレス溶射皮膜の溶融と酸化物の挙動
発表者名 ○足立 振一郎、山口 拓人、萩野 秀樹、上田 順弘
発表会名 日本溶射学会第109回全国講演大会
発表日

2019/6/13

概要


半導体レーザを用いたステンレス鋼溶射皮膜の再溶融処理について、SUS316L溶射皮膜、SUS316L粉末にニッケル粉末、クロム粉末およびモリブデン粉末などの金属粉末を添加してスーパーステンレス鋼の組成にした溶射皮膜、さらに酸化クロム粉末を添加した溶射皮膜をそれぞれ作製し、これら皮膜の金属組織と組成の変化、および酸化物の挙動に関して検討した.再溶融処理により表面に形成した酸化物層は主にクロム酸化物であり、ビッカース硬さで約1000 HVと処理前の溶射皮膜より顕著に硬化していた.耐摩耗性など皮膜特性の改善が期待できることがわかった.