地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0040

発表題目 過硝酸の酸解離平衡
発表者名 ○中島 陽一、井川 聡、他
発表会名 第79回分析化学討論会
発表日

2019/5/19

概要


過硝酸(ペルオキソ硝酸(HOONO2)は、ヒドロペルオキシド基をもつ過酸の一種であり、プラズマ照射された水中にも存在することも示唆されている。このプラズマ照射された水は、殺菌活性を持つため、新たな殺菌技術としても注目されている。この過硝酸は、液相中において低温、低pH下、亜硝酸と過酸化水素とを反応させることで合成されるが、単離されておらず、かつ不安定なため、分析化学的な研究は少ない。これまで研究を進めてきた結果、過硝酸の化学的挙動はpHに大きな影響を受けた。このような観点から、今回、古典的な中和滴定法を用い、過硝酸の酸解離平衡について検討した。