地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

口2019-0021

発表題目 レーザ積層造形による炭素繊維分散アルミニウム基複合造形体の創製
発表者名 ○木村 貴広、中本 貴之、陶山 剛、三木 隆生
発表会名 軽金属学会第136回春期大会
発表日

2019/5/11

概要


本研究では、アルミニウム系材料の軽量性を活かした高強度・高熱伝導性複合材の創製を目指し、工業用純アルミニウムと炭素短繊維の混合粉末を用いてレーザ積層造形を行った.レーザ照射条件を変化させて造形体を作製したところ、造形体中の空隙の分布状態は条件により大きく変化し、その結果を基に高密度な造形体が得られる条件を見出した.得られた造形体は高い硬度を示したが、熱伝導率は低下した.造形体の組織調査および分析の結果、レーザからの入熱によるAlとCの反応に起因したAl4C3の生成およびAl中へのCの固溶の影響で、伝熱性能が低下している可能性が示唆された.