地方独立行政法人大阪産業技術研究所 - 当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

文字の大きさ

ヘッダーメニュー
メニュー

文字の大きさ

ものづくり工房3Dプリンタ装置(8/30)

 (地独)大阪産業技術研究所和泉センター

技術講習会

ものづくり工房3Dプリンタ装置

地方独立行政法人大阪産業技術研究所和泉センターでは、所有している試験研究機器等を用いて、企業の皆様の新技術・新製品の開発や生産管理・品質管理をお手伝いさせて頂いております。これら試験研究機器の利用可能範囲や仕様・性能などの特徴を、より具体的にご理解いただき、皆様方に一層ご利用いただくため、下記の要領で講習会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

◆日時:①平成30年8月30日(木)13:15~14:30

②平成30年 8月31日(金)13:15~14:30

※①、②とも同じ内容の講習を行います。ご希望の日をお選び下さい。

(バスでお越しの場合、12:54に和泉中央駅を出発するバスで間に合います。)

○当研究所内に食堂がございます。一般の方もご利用になれます。(営業時間:11:45~13:15)

ものづくり工房3Dプリンタ装置

◆場所:(地独)大阪産業技術研究所和泉センター(和泉市あゆみ野2-7-1)

当日は、講習開始時刻までに当研究所の玄関ホール講習会受付にて、受付をお済ませください。

担当者が講習会場にご案内します。(受付は講習会開始時間の10分前より始めます。)

◆定員:各コース(①、②)とも1社のみ。参加人数は1社2名まで。

※受講票は発行いたしません。返信で受付をお知らせします。

◆費用:無料

◆申込み先:(地独)大阪産業技術研究所和泉センター顧客サービス部

お申込みは、メール(fukyu@tri-osaka.jp)またはFAX(0725-51-2520でお願いします。

◆対象機器:ものづくり工房3Dプリンタ装置

近年、3Dプリンタが非常に注目されています。その理由として、3D CADデータがあれば、切削では作れない形状のものが製作可能であったり、金型を作らなくても目的とするものが製作できることなどが挙げられています。

本講習会は、実際に3Dプリンタ本体および専用ソフトを操作していただき、造形の準備作業から造形、造形後の後処理(サポート材の除去)までを実習していただきます(※造形データは当所で準備したものを使用いたします)。

本講習会で使用する3Dプリンタは、株式会社キーエンス製のAGILISTA-3100でインクジェット方式の装置です。主な仕様は、造形サイズが297×210×200mm、積層ピッチが15μmもしくは20μm、解像度は635×400dpiです。

◆持ち込み試料について:本講習会では、受講者による持ち込み試料の対応はいたしません。

◆講習担当:

(地独)大阪産業技術研究所和泉センター 電子・機械システム研究部 朴忠植、喜多俊輔

・お問い合わせ先:顧客サービス部TEL:0725-51-2518

インフォメーション

依頼試験、技術相談、相談内容で担当部署がわからない場合など、下記相談窓口へお尋ねください。

本部・和泉センター

(技術相談・総合受付)
0725-51-2525

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)

森之宮センター

(技術相談)
06-6963-8181

9:00~12:15/13:00~17:30
(土日祝・年末年始を除く)