理事長あいさつ

地方独立行政法人大阪産業技術研究所 理事長 中許 昌美

全国一の事業所数を誇る大阪の多種多様な製造業のための公設試験研究機関として、大阪府立産業技術総合研究所と大阪市立工業研究所はそれぞれの強みを活かし、役割分担を行いながら、研究開発・技術支援に努めてまいりました。

一方、産業界では技術的な優位性確保を単に自社だけで完結するのではなく、オープンイノベーションによる達成が重要視されています。企業の成長と発展のためには、公設試験研究機関が研究開発から実用化、製品化までの総合的かつ迅速な技術支援に取り組み、かつ、産官学連携によるイノベーション創出拠点として機能することが求められています。

これを受けて、平成29年4月、二つの研究所の統合による新法人「大阪産業技術研究所」(略称:技術研)を発足し、研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で行うなど、これまでの二つの研究所の研究開発力、技術支援力を結集するとともに強みを融合し、様々な産業の創出につなげていくための機能強化と技術支援サービスの更なる向上を目指していくこととなりました。

技術研では加工、金属、電気・電子等を得意分野とする「和泉センター」と、化学、高分子、バイオ・食品、ナノ材料等を得意分野とする「森之宮センター」において、引き続き従来からの技術支援サービスを提供してまいります。また、一法人として幅広い領域をカバーするだけでなく、分野横断的な新技術開発にも取り組み、科学による「知」に基づく「技術」を駆使し、研究・技術開発を企業と共に進め、課題解決のための技術支援を強化してまいります。さらに、新たな産業の創出に向けて産官学連携によるオープンイノベーションを積極的に推進し、「知と技術の集積拠点」としての機能を強化した研究所「スーパー公設試」を目指します。

これからも多様化する企業ニーズを迅速に捉え、様々な関係機関と連携しながら、世界に飛躍する大阪の企業の成長・発展に貢献してまいりたいと思いますので、企業の皆様には当研究所の和泉センター、森之宮センターをこれまで以上にご活用いただきますようお願いいたします。